•  
発展戦略

発展戦略

2005年3月28日、全国科学技術業務会議上において、叢林グループが自主研究開発した世界初の1万トン押出機が国家科学技術進歩一等賞を受賞。

自主イノベーションは国家の発起を支える体格で、また企業発展の尽きることのない動力でもある。大型、特大型アルミニウム型材加工製造は常にいくつかの発展国の特許であるが、叢林グループは毅然として民族製造業の大きな旗を支え復興させ、困難だと知りながらもそれを行い、3億円を投資し、国民の知恵と才能を頼り、科学技術イノベーションと体制イノベーションを頼り、前代未聞の困難と圧力を克服し、完全に自主知的財産権を持つ世界初の1万トン油圧複動アルミニウム押出機の研究製造に成功した。これは60年代の1万トン水圧機に次いで、中国の重大技術設備分野において、初のこのように気迫のある著作である!ここに至って、叢林グループは一躍にして世界における重要な工業アルミニウム型材研究開発、製造基地へとなった。神州九号宇宙ロケット飛行船発射の現場から中国初のリニアモーターカーまで、魚の鱗やくしのような高層ビルから国防軍工の最前線まで、叢林アルミニウム型材はそこにおいてなくてはならない構成部分であり、またアメリカアルミニウム業からドイツシーメンス、さらにはフランスアルストムからデンマークマースクまで、叢林の顧客は世界に広がっている。

膠東半島、渤海の濱、叢林グループは朝日の日の出のように、盛んな生命力を表現し、世の人々の注目を集めた。

アルミニウム合金車体型材を採用し生産したウィングスオープンアルミニウム合金ヴァン及びユーザーが必要な特殊自動車は叢林グループの自動車製造業における探索とイノベーションの成功である。

叢林アルミニウム業の産業チェーンを延長し、アルミニウム業加工分野を開拓し、叢林グループはドイツ企業、フィンランド企業、韓国企業と提携し、地下鉄、ライトレール等の大型鉄道交通アルミニウム製車体モジュール、アルミニウム製船舶、アルミニウム製建築テンプレート等の加工製造に全面的に力を入れている。

イタリアのロッカディ技術を取り入れ、研究開発した最新断熱シリーズアルミニウム合金建築型材は北京中南海、深セン国際展覧会センター、中国APEC博覧会等の国家重点プロジェクト、また散熱器、アルミニウム合金ドアや窓等の民間用アルミニウム型材においても広範に応用されており、業界内での名声も優れている。

沈んだ船の側を何台もの船が通り、枯れた木の前にはいくつもの木が立派に立っている。科学技術イノベーションの理念は叢林グループの伝統産業の立場と観点の徹底的な変化を直接促進し、科学技術イノベーションの理念が叢林グループにおいて深く人の心へと入り、その収穫は非常に多い。

7.5億元を投資して技術改造を行い、年間生産量が600万トンに達したセメント回転窯事業により叢林セメントは低消耗、低汚染、高生産率省エネの現代節約型企業の道を歩き始めた。

叢林ダクタイル鋳鉄管とパイプ部品の中東への一次性輸出は8000トンで、顧客が委託したシンガポールPSB、フランス船級協会、スイスSGS等の国際的権威機構の審査と評価を幾度も通過してきた。

秦皇島港上にある中国で最も幅が広いスチールコードコンベヤベルトは叢林ゴムベルトからできており、かつて連合国TIPS組織が発表した発明イノベーション科学技術の星賞を獲得した。

千人いれば千人とも顔は違っているが、心は一つである。叢林はすでに一種の文化を形成しており、それは潤った万物の春風のように叢林の精神と理念を伝播していき、生産の動力、創業の情熱、全ての叢林の人の心の中にある不変の追求へと変わっている。

叢林の樹は優秀で、盛んな世において竜が飛び立つ。叢林グループは中華民族の偉大な復興を実現することを己の使命とし、百年の叢林を創造することを目標とし、新たな超越を実現することの志を立て、思い切り時代の輝きを書き表している。