•  
不動産産業支社

竜口市叢林不動産購入有限会社

 

竜口市叢林不動産購入有限会社は2007年8月3日に設立され、登録資金は二千万元で、主な経営事業は不動産開発、不動産商品販売、不動産管理、土木事業建設と設置、装飾である。

叢林住宅地事業の開発、建設、販売

叢林住宅地事業は2009年5月10日に正式に建設が始まり、一年間で開発した不動産建築面積は28357.2平方メートルで、住宅楼には合計で170戸、車庫は110ヶ所、商業楼には23戸、商業住宅楼には60戸ある。

2014年叢林不動産購入会社は叢林住宅地第二期事業を開発し、本事業は諸由観鎮の264省道西側に位置しており、総敷地面積は約3万平方メートル以上である。住宅地の合計計画住宅数は430戸で、商業楼及びマンションは合計で100戸、総建築面積は70000平方メートル以上で、二億元以上の販売収入の実現が見込まれている。

沿海叢林、リゾート景勝地

沿海叢林事業は竜口市東北部の沿海に位置しており、計画総面積は約76.14ヘクタールで、自然景観の資源が豊富である。また市委員会、市政府が実施する沿海観光区建設、核心区基盤施設建設が基本的に完成した後の初の企業誘致事業である。

本事業は主にリゾートマンションエリア、リゾートライフエリア、企業本部エリア、海洋景色ホテルエリアの四つのエリアに分かれている。企業本部エリアは叢林本部の事務楼、リゾートホテル、ライフエリア、マンションエリア、スポーツトレーニングパークを含んでおり、総投資額は約10億元で、投資強度は240万元/ムーである。現在、叢林本部事務楼及びスポーツトレーニングパークはすでに建設終了し、すでに使用開始されている。

叢林不動産購入は“リゾート休暇、ビジネス会議、文化娯楽、スポーツ観光休憩”等の多機能原則に固執し、海辺の風情、人文内面の修養、自然生態を有する省級観光リゾートエリアを建設する。

叢林不動産購入は煙台不動産業界のリーダーを主な目標として、精細な事業商品の建設、優れた生活環境の創造を使命として、美型建築のハイ・ミドルエンドの開発事業を以てした商品設定を樹立し、会社と事業のブランドイメージを創建、向上していく。