•  
叢林パイプ業

叢林パイプ業

 

叢林パイプ業は1996年に建設が始まり、相次いで累計800万元以上を投資して樹脂砂生産ラインを拡大建設し、新しいラインが完成すると鋳型生産ラインは消失し、不断に設備更新、技術改善、規模拡大を行い、市場の大直径パイプ部品と高精度鋳造金属部品の製品ニーズを満たす。水冷金属型と熱間成形の二種類の先進的生産技術を採用し、年間で30万トンのDN80-DN1800T型つなぎ目及びDN2000、DN2200K型つなぎ目のダクタイル鋳鉄管を生産でき、また樹脂砂及び自動ラインを採用して、年間でDN50-DN2000ダクタイル鋳鉄管部品及び鋳造金属部品1.5万トンを生産できる。製品はISO2531、BS、EN545等の国際基準に達している。

“叢林河”ブランドのダクタイル鋳鉄管とパイプ部品はパイプ壁が薄く、強靭性が良く、耐腐食性を持ち、寿命が長く、施工が便利で、延長性能が良く、コストパフォーマンスが良く、パイプネット運行の信頼性等の特徴を向上させ、港である優勢を頼り、現在はシンガポール、エジプト、シリア、イラク、アメリカ、マルタ、マレーシア、クウェート、ベトナム等の国と地域に輸出している。また都市建設、石油化工、冶金、発電所、農地の排水と灌漑等の方面の水輸送、油輸送、ガス輸送及びその他流体物質の輸送に幅広く応用されている。