•  
コンクリート業支社

叢林コンクリート商品有限会社

 

山東叢林グループ有限会社は国家級企業グループであり、また全国セメント輸出重点企業である。叢林コンクリート商品有限会社は叢林グループがセメント産業の優勢を突出させ、産業チェーンを延長させ、建築コンクリート商品市場を規範化するために、1564万元を投資して新たに建設した年間セメント商品生産量120万平方メートルのHZS120生産ラインであり、主にC60以下のコンクリート商品及びその他セメント製品(建築用レンガ、グリーン用レンガ)の総合型企業を経営している。

現在は日本から輸入したISUZUブームポンプ車3台(46m、40m、37m)があり、各種の量のミキサー車が合計20台あり、車載ポンプ車は一台ある。車両総投資額は1500万元以上。

叢林コンクリート有限会社は恵まれた資源条件、豊富な資金力、揃った機械設備、正規化している管理秩序を頼りに、高い強化性、高性能コンクリートの研究及び応用発展に向けて堅実な基礎を打ち立てた。原材料方面において、叢林グループは自己の良質な炭酸岩石サブ工場、良質な河の砂工場、汎林セメントが生産する良質な高い商品等級の普通ポルトランドセメントと良質なGGBSを有する。特にコンクリート中に高性能添加剤と混和剤の“二混法”技術を混ぜ、コンクリートの作業性を改善し、水和熱とアルカリ度を下げ、コンクリートの緻密性、体積安定性を高め、それにより耐久性が高まり、粉だけを混ぜた石炭灰よりも性能がさらに優れ、大規模な橋梁、体積の大きな基礎、海洋事業基礎建設、高等級道路及び高層建築に使用でき、同時にコンクリートの良好な施工性能も保証した。

“誠実信頼経営、顧客至上、品質第一、利益シェア”の経営原則に則り、一流の製品品質、一流の管理、一流のサービスレベルを経営目標として、社会各界の専門家と提携協力し、不断に壮大に成長し、共に輝きを創造していく。

竜口市叢林アルミニウムテンプレート工学技術有限会社は叢林グループ国家級技術センター、国家級実験室と整ったアルミニウム業生産ライン及びアルミニウム型材溶接優勢を頼りに、韓国最先端のアルミニウムテンプレート研究開発、設計、設置技術を取り入れ、

販売、リース、施工を結合させた経営モデルにより、新時代のアルミニウム合金テンプレートシステムを販売している。

2014年叢林アルミニウムテンプレートは10億元を投資して200ムーの新工場エリアの拡大建設を行い、アルミニウムテンプレートの年間生産量は50万平方メートルに達する。

会社には50人余りの経験豊富な専門人材、韓国技術専門家、業界顧問からなる管理チームが存在し、また500人以上の設計、生産、成功の専門チームを有する。各大型不動産開発会社、建築会社、リース会社に対して工学設計、生産加工、代理管理、リフォーム、回収、トレーニング、施工等の整ったセットサービスを提供することができる。