•  
汎林セメント業支社

竜口市汎林セメント有限会社

 

会社概況:

竜口市汎林セメント有限会社は199410月に登録され、登録資本は10156億元である。会社の年間生産量はクリンカとセメントが500万トン、GGBS100万トンで、固定資産が16億元、年間販売額が12億元で、会社は現在906人の職員を有し、そのうち高級技術職員は169人である。会社は2本の新型乾式回転窯セメントクリンカ生産ラインを有し、2本とも天津セメント工業設計研究院により設計されており、生産規模は2500t/d4000t/dに分かれており、3MW6MW純低温余熱発電所も備えている。生産技術は石灰石の粉砕からセメント包装に至るまで、全過程においてパソコン遠隔制御を採用しており、原材料の研磨用具は世界トップレベルを持つ日本の宇部で生産したUM40.4垂直圧延機を採用しており、焼成システムは天津セメント設計研究院の最新設計を採用し、国際トップレベルを持つ単系列低圧損、五級旋風予熱器、TSD分解炉、大キルンフッド回転窯を有し、冷却機は冷却効率が高く運転周期が長いデンマークスミスで生産されたSF2*グレートクーラーを採用し、セメント粉砕圧力ローラー機ボールミル、SEPA高効率粉篩機から構成され、国内トップレベルの粉末粉砕システムを持つ。会社製品の品質、電力消費及び各環境保護指標が国家基準に符合していることを確保し、会社のために同業界の市場競争においてトップの優勢と地位を確立した。

会社発展状況:

会社は1989年に国家製品品質認証を率先して取得、2006年には国家ISO9001:2008品質管理体系認証を取得、2010年には国家ISO14001:2004環境管理体系認証を取得、2009年にはCNAS国家級実験室認証を取得、2011年には叢林河ブランドセメントが国家行政工商管理総局商標局発表の中国著名商標証書を受賞、2012年には全国セメント標準化突出貢献賞を受賞、201310月には国家ISO18001-2011職業健康安全管理体系認証を受賞。

会社製品:

会社は主に“叢林河ブランド”P.O42.5\P.O42.5R\P.O52.5R級普通ポルトランドセメント、P.C32.5\P.C32.5R級複合ポルトランドセメントの五大品種セメント、ポルトランドセメントのクリンカ等を生産している。以下に適応可能:1、重要構造の高強度コンクリートとプレストレストコンクリート事業、例:港、橋梁、高層建築、セメント製品等。2、凝結の速さ、早期の強度向上を求め、冬季施工及び厳寒地域において頻繁に凍結融解を繰り返す事業。3、耐浸透、耐摩擦性の要求が高いコンクリート事業、例:トンネル、路面、高速道路、空港滑走路等の事業建設。

販売業績及びネットワーク:

汎林セメントは国内市場において発展が比較的良好であるだけでなく、国外市場でもシェアを確保しており、私たちの長年の高品質と顧客の良い口コミを頼りに、年間の輸出セメント量は200万トン以上で、アフリカのアンゴラ、コンゴ、カメルーン、赤道のギニア、モザンビーク等の国家の販売量は20%90%を占めており、南アメリカのコロンビアやロシア及びアセアンのミャンマーの販売量も各1%2%占めており、このことより私たちの汎林セメントの製品品質及び顧客信頼を垣間見ることができる。