•  
アルミニウム工業支社

竜口市叢林アルミニウム材有限会社

 

 

竜口市叢林アルミニウム材有限会社は1992年に創立し、職員は1500人余り、金型製造、アルミニウム合金鋳造、アルミニウム材押出、アルミニウム型材高付加価値加工の4つの事業部及び国家級検測センター1つを管轄し、国内における重要な工業型材とアルミニウム合金ハイエンド設備の研究発明製造企業として、終始して“グリーンアルミニウム、ハイエンドアルミニウム及び端末アルミニウム製品の拡大応用”を持続させることを会社の発展戦略とし、工学設計、材料調合、深い高付加価値加工及びモジュール組立を一体としたセットが整ったアルミニウム産業チェーンを形成しており、また中国工業アルミニウム型材、特に鉄道交通アルミニウム合金型材の研究開発生産基地でもある。

ここ数年、会社は自動化、情報化、スマート化の高度融合を目標とし、ハイエンド設備の投入を不断に増やし続け、整った金型設計製造、アルミニウム合金溶解鋳造、アルミニウム押出、高付加価値加工等の工業アルミニウム材の研究開発生産体系を有している。世界一流の金型フレキシブル生産ラインを建設し、金型の設計と研究開発の専門チームを有し、各種型材押出に適した平面テンプレートと組合テンプレートの研究製造に成功し、車体新材料の生産需要を満足させることが可能。また年間に各種インゴットを10万トン生産できる世界トップレベルの鋳造生産ラインを4本有し、インゴットの最大規格は560mmで、フラットアルミニウム地金の規格は680*280mmで、インゴット品質と品種及び技術は国内トップレベルに達している。設備が10000トン、9000トン、8000トン等の大中小の押出生産ライン20本余りは国内の押出機傾斜度配置が最も整ったアルミニウム押出生産基地であり、各種の大、中、小の切断面のアルミニウム型材及び断面900mm、最大直径600㎜、製品長さ30メートルの特大工業アルミニウム型材が生産可能。自身の材料優勢に基礎を置き、オーストリアのIGMやドイツのCLOOS等の大型ガントリ自動溶接ロボットとドイツFOOKEの大型五軸デジタル制御ガントリ加工センターを取り入れ、従事性能要求が最も厳格なアルミニウム合金やステンレス材料の溶接と加工資質を備え、長さ120メートル、幅11メートルの各種大小型アルミニウム合金製品を加工、溶接することが可能。

“ハイエンド化、集積化、端末化”の製品設定を中心とし、叢林は持続して製品構造を最適化し続け、高付加価値、高技術含量、市場将来性が広いアルミニウム加工分野に向けてモデルチェンジした。製品は交通運送、建築橋梁、電子電気、機械製造、海洋事業設備、宇宙航空及び軍事工業等の分野で幅広く応用されており、叢林アルミニウム業は強大なアルミニウム材料の基礎において、率先して国内の空白を埋める全アルミニウムセミトレーラー、自動車部品、アルミニウム合金歩道橋、アルミニウム合金船舶、アルミニウム合金建築テンプレート等の一連の軽量化端末製品を研究開発し、産業化かつ大量の供給を実現した。

叢林アルミニウム業はイノベーション発展を終始持続し、世界技術のトップレベルに注目し、国家級技術センター、博士課程卒業後ワークステーション、国家認可実験室の技術優勢を頼りとし、二十年以上の不断のイノベーションを経て、豊富な工業型材の研究開発生産経験を蓄積し、鉄道車両車体の構造材料及び車体モジュール、アルミニウム合金セミトレーラー及び自動車部品、アルミニウム合金特種船舶、アルミニウム合金構造工学等の重要技術難題を克服し、一連の完全な自主的知的財産を有する科学技術成果を取得した。同時に、産学研究用連合をさらに一歩強化し、非鉄金属工業協会、中国科学院、中船重工研究所、北京非鉄金属研究総院、中南大学、上海交通大学、山東大学等の機関と積極的に交流協力を行い、すでに多数の大学における“大学院生社会実践基地”となっており、ハイエンド技術人材を引き入れ、叢林グループの技術向上に対して充実した人材保障を提供している。

叢林アルミニウム業は順調に国際鉄道業界の最高基準であるIRIS体系認証、国際鉄道車両溶接の最高資質であるEN15085認証、ISO9001品質体系認証、自動車業界生産資質TS16949体系、DNVABSCCS等の船級協会認証、職業健康安全管理体系認証、環境管理体系認証等を取得し、品質がシステムの有効な運行を保証し、製品品質はすでに世界トップレベルに達している。